理事長挨拶                                                  



照井土地改良区
理事長 小野寺 道雄



当土地改良区ホームページ開設に当たり、私より照井堰に関する思いを述べ挨拶としたい。


照井堰は私にとって名称ではない。
・一つには人間の生きるドラマである。
・二つには時の政治ドラマである。
・三つには死にかける農耕民の悲劇の一杯結った言葉である。

その歴史等のドラマの一編を若干並べてご紹介します。



  

当時は隧道掘削などの諸道具も稚劣で全部人力であったと推察する時、脱帽の外はない。また測量技術はどんな物だったのか?平泉町高田に於いて西風堰と南堰の水が合する所はほぼ等しい水量・底高であることは、その技の巧みなこと感服の外はない。
 現今の我々には当時と比すれば不平・不満は何もない、これからは先人達の労苦に対し組合員と共に感謝を忘れないことと優れた農業の確立のため一生懸命励むことであります。
 またこのホームページ開設を期に照井堰の歴史や農業用水の役目を紹介し、地域の皆さんと情報交換をしながら『農業用水だけではなく多面的機能を有した地域の照井堰』としてこの偉大な照井堰及び農業水利施設を後世に伝えていきたいと思います。何分、職員の手作りのホームページですので、より身近により良いHPにするためにも皆様のご意見ご要望をお願い申し上げ、ごあいさつと致します。